LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 13日

熊野の旅 真夏のイベント 熊野大花火大会 4

 人口2万の熊野市がお盆の時期になると帰省者で人口3万くらいに膨れるようです。以前はもっともっと規制する人が多かったのですが段々減ってきています。戦後一貫して続いた若い人の流出もその帰省者を生み出していたのですが、高度成長時代に都会に出た人たちの世代では最早故郷には両親も居ない様になってきています。帰りたくても帰るところがないのです。
 花火の日はたった一日で熊野、それも木本町とその周辺に7万から10万に近い人間が集まります。当然、それだけの人口を賄うように出来た町ではありません。
 国道も42号線、311号線、169号線、309号線など一杯熊野市に向かって入ってきていますが、実態は木本町の入り口手前で国道42号線に集約されています。来客の多い松阪、名古屋方面は元々42号です。更に、奈良、大阪方面から169号を来た人も10kM手前で42号に合流してしまいます。途中から県道経由で迂回できますがそれに入ることを知っている人も少ないです。山越えに林道もありますがますます知る人は居ません。結局42号線が午後になると停滞してしまいます。
 ことしは木曜日なので目茶目茶な混み方は無いと思います。来年は金曜日とか・・・すごい込みようが予想されます。
 こんな込む時に時間が計算できる交通手段・・・鉄道です。込むのは込みますが、時間は正確です。臨時列車が遅くまで運行されますからこれを使うのが一番です。
 確保しにくい熊野市に駐車場を探すより、途中の尾鷲や紀伊長島など何処でもいいから列車の走るところに確保してそこから列車に乗れば良いのです。紀勢線沿線で知り合いが居れば遠くても絶対底を利用すべきです。
 快速  紀伊長島行き   21:51
 普通  亀山行き      22:06
 特急  松阪行き      22:42
 急行  津          22:42
 快速  尾鷲行き      22:56
 普通  伊勢市行き    23:20
 普通  尾鷲行き      23;37
 特急  名古屋       23:48
 普通  亀山         0;37
 急行  四日市        0:50
 普通  尾鷲         1:05
 普通  伊勢市        1:38    特急・急行は全席指定です。

 下り新宮方面雪は 21:46 から 0:30 まで出ていますが、23:26以降のものには新宮からの接続はありません。かつては串本まで普通列車を出していた時代もありますが、いまでは新宮から先は西日本の管轄ですから文句は言えません。
 これだけの臨時列車をここに振り分けるだけ、まだJR東海にもジーゼル気動車が残っているのですね。
d0045383_120734.jpg

 これらの列車は駅前に集合場所を設けていてそこで待つようになっているようです。熊野市駅はとても列車何本も待ち合わせできるような駅舎でもホームでもありませんからね。
 詳しくは東海旅客鉄道の方に問い合わせてください。普通列車ならその日にでも来られます。

 急行列車・・・懐かしい響きです・・・
 写真は特急の車両です。急行用の車両は最近見かけまっせん。

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2006-08-13 12:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3566737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 真夏のイベント 熊野...      熊野の旅 真夏のイベント 熊野... >>