人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 09日

熊野の旅 真夏のイベント 響鼓in熊野 3

 日本人は太鼓がすきなんでしょうかね。全国津々浦々に太鼓がありますね。
 面目mmと受け継がれてきたのではなく、近年作られたものが多いような気がしますが・・・
 作曲家と演出家が居るのでしょうね。演出の方のパフォーマンスは衣装から振り付けまで目先を変えるのに苦労しているようです。作曲の方はどうも良く分かりません。音程・音色の違う色んな太鼓を組み合わせて変化をつけているのでしょうが。素人の私にはあまり違いが感じられません。
 旧通産省主催のイベントで東京ドームで二日間物産展に出展しました。そのときに秋田や能登を初めとする全国指折りの太鼓が呼び集められて朝から夕方まで交代に叩いていました。閉鎖空間の東京ドームですから迫力満点?でした。これが二日間続いたのです。
 出店をしていた店番のものにとって「音楽」?に聞こえたのはほんの最初だけ・・・お昼過ぎには騒音と化していました。あれで代々木公園辺りなら聞き流せたのでしょうが・・・
 日本有数の太鼓でも条件次第ではこうなるのです。それ以来私は太鼓嫌いです。
 熊野市にも幾つか太鼓の団体が出来ています。消えて言ったものもあるようですがね。その中で『アフリカ太鼓』と言うのがあります。市内五郷町(いさと)の通史が集まって始めたものです。
d0045383_9563514.jpg

 和太鼓がやたらと多い中でこのようなアフリカ?の踊りを前面に押し出したもので、目先が変わります。五郷町にアフリカ人が来て教えたと言うわけではないようです。よそから来た人を含め近年作られた団体のようです。
d0045383_1001060.jpg

 太鼓を叩く男どもを含めダンサーも全員日本人です。中には日本人離れした人も居ますが・・・しかし、どう見てもアフリカではなくポリネシア程度ですね。
 しかし、このグループは和太鼓が続く中で異質なもので踊りが目立ち随分得をしています。
 それにしても、暑い最中こうして叩き、踊るのも大変なことですね。
 舞台の上には日除けがありますが、観客席にはありません。ひょっとすると一番大変なのはアスファルトの上に並べたビールのコンテナの上に座ってみている人たちかもしれません。
 私?? 写真を撮ったら家に帰ってのんびり休んでいましたよ・・・

カメラは RETINA 3c カータークセノン35mm

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2006-08-09 10:08 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3537762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by womaninblack at 2006-08-16 17:15 x
熊野市在住の者です。アフリカ太鼓はレゲエの系列です。彼らはラスタファリズムの信奉者で自然の豊かな熊野に集まっているのです。何人かは友人なのでファンになってほしいです。


<< 熊野の旅 真夏のイベント 熊野...      熊野の旅 真夏のイベント 響鼓... >>