人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 30日

熊野の旅 紀勢西線 下里駅

 太地駅を出てトンネルを抜けほんの少し走るとこじんまりとした集落に入ります。ここが下里です。取り立てて何も無いようなところですが、大阪方面から来たここで街道が二つに分かれるところです。一つは今の国道42号線と同じように海岸線経由で勝浦経由で那智山入り口に向かうもの。もう一つは川沿いに遡り、井鹿(いじし)、色川(いろがわ)を抜けて、山越えで那智に入るルートです。このルートへは、もっと串本よりの古座から古座川沿いに遡る道からも合流できます。徒歩の時代には峠越えでも短い道のりのものを選ぶことが多かったので、良く使われたものと思います。
 少し前までは、これらの道はまさに、地図に道があるだけと言う感じで、ものすごく細い道でしたが、今は随分改良されて、都会の運転手でも走れるものになっています。道路はどこでも二車線・・・と言う感じで改良しているようですが、道路ができた頃に、この山間部に果たして何軒の家が残るのやら・・・
d0045383_12374739.jpg

 下里駅は国道から離れ集落の方にあります。下の国道は集落の中を通っていますたが、二車線化するときにバイパスかされています。こういう構造にすると、一見、集落は寂れたように見えますが、生活の面では交通事故も少なくていいものだと思われます。
 駅構内の写真を撮ると、すれ違いようの線路があり、一見、複線に見えますが、紀勢線・紀勢西線は単線です。駅を出るとすぐに単線区間に入ってしまいます。
 単線の路線でのダイヤはこうしたすれ違いようの線路や、通過用の線路を持った駅で、上り、下りのすれ違いや、特急などの優先列車の追い越しを行わなくてはならないので、自由度が随分低くなります。
 昔に比べ、特急などの所要時間は随分短くなっています。これには線路の改良や車両の改良に加え、ダイヤを組む線屋さんの苦労もあるのです。
 国道を走る人には下里は気にも留めないで過ぎてしまう所かも知れません。
 ところで、どこにでもありそうな『下里』と言う地名ですが、ほかに同じ駅名が無いようで、頭に『紀伊』が付いていません。

by je2luz | 2006-06-30 12:49 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3321810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀勢西線 紀伊田原駅 1      熊野の旅 紀勢西線 太地駅 2 >>