人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 23日

熊野の旅 紀勢西線 紀伊勝浦駅 2 勝浦港

 勝浦は温泉場として古くからの観光地です。
 ここの特徴としては、港を利用して島や険しい岬に旅館を作り、舟でお客さんを送り迎えする旅館が二軒あることです。
 陸上にある旅館に比べ行き来しにくいと言うハンディがあるにもかかわらず、この二軒は古くから繁盛し、今では共に巨大な温泉旅館となっています。町中にある旅館に比ではありません。
 温泉場ですから、旅館へのアクセスが渡し舟であると言うハンディがムードのある楽しいものに変わるのだと思います。
d0045383_13133360.jpg

 港の近くには大きな駐車場も用意されています。渡し舟で客を送るのですから、当然、観光バスはこちら側に残りますからね。それに、発馬からは勝浦湾観光の遊覧船も出ています。
 割合とのっぺりした紀州の海ですが、勝浦周辺には小さな島がたくさんあり、松島のように遊覧船で見て回るようになっています。
 船着場には二つの旅館からの連絡渡し舟が忙しく出入りします。一軒は上の写真の右隅に見えている白い建物がそうです。
 外海から遮断された温泉郷に隔離されますから、お土産を買うのも皆、旅館の中で完結するように出来ています。今はどうなっているのか分かりませんが温泉場につき物のストリップ小屋も波止場の近くにありました。しかし、島の旅館に泊まる団体さんなどは出張のお座敷ストリップを楽しんだそうです。
d0045383_1323414.jpg

 写真は旅館への渡し舟ですが同じ桟橋に二つの旅館の船が着きます。列車連絡の時間などは同じ時間にお客さんを運んできます。JRの駅より波止場の方が、観光バスの客、列車の客両方が合わさるので賑やかになるくらいです。勿論、陸上の方が数多くの旅館があり、合計の収容人員は多いのですがね。
カメラは レチナ2c+カータークセノン35mm

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2006-06-23 13:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3288716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 本日休刊・・・      熊野の旅 紀勢西線 紀伊勝浦駅 >>