LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 19日

熊野の旅 紀勢西線 紀伊天満駅 1

 那智を出発するとすぐに列車が停まります。東京の御徒町の辺りみたいなもので駅の間隔がまるで無いのです。この先の紀伊勝浦駅と三つの間は遮る山も大きな川も無く、なぜ三つの駅があるのか良く分からないものです。
 紀勢西線はローカルの私鉄として出発したので集落ごとに駅を作ったのでしょうが、国鉄になってからも、地元の有力者が国会議員と手を携えて鉄路の建設に尽力しながら、自分達の集落を通らせ、駅を作らせたと言うことが、随分前の朝日新聞の特集で書かれていました。そのおかげで線路は不必要に曲がり、駅が多いのだそうです。まあ、この辺りは地形上遠回りさせるまではありませんが・・・
d0045383_1135097.jpg

 紀伊天満駅は非常に小さな駅です。駅舎はコンクリートの箱のようなものです。旧国鉄で友人駅時代の駅舎はどんなものだったのか記憶にありません。元の名前は『那智山口』とかいったようです。『那智駅』の方が後で出来たようです。この天満駅の駅前周辺は拡幅の仕様が無かったので事実上の移転だったのでしょうね。しかし、鉄道華やかなりし頃ですから、駅が残り『紀伊天満』と改称されたようです。
 狭いホーム一本の駅ですが、通学時間には高校生達が乗り込んでいます。上りの場合『紀伊佐野駅』の新宮商業高校や『新宮駅』の県立新宮高校。私立新宮高校への通学なのでしょうね。電車区間とは言え、相互発着ではないですから乗り遅れれば大幅遅刻ですね。
d0045383_1136134.jpg

この写真は ニコンF+ニッコール20mm

by je2luz | 2006-06-19 11:39 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3268250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀勢西線 紀伊天満駅...      熊野の旅 紀勢西線 那智駅 3 >>