LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 31日

熊野の旅 河口閉塞との戦い

 以前にも書きましたが、七里御浜は膨大な量の砂利が積み重なって出来上がったものです。砂利は一瞬も休まずに黒潮の影響で流され続けています。真潮(ましお)のときは南から北へつまり新宮の河口から熊野の木本・脇の浜へ向けて流れます。最後は鬼ヶ城の磯に阻まれて太平洋に深みへ落ちて行きます。ほんのまれに逆潮(さかしお)の時があり逆に流れることもあります。
 この運搬作用は波が荒い方が当然大きくなります。
 少し荒れると木本港が一あれで埋まってしまい、突堤に船がつけられなくなることもあります。そのたびに浚渫していますが、その量たるやダンプカー換算で千杯とか・・・
 これ動きは末端の木本港より上流の方が大きいわけです。それは深い海底に落ちていった砂利は二度と浜には戻ってこないし、砂利の粒は波のもまれる間に磨り減って小さくなってしまうのですから、熊野川河口から出た量の方がはるかに多いのです。
 先日の写真で脇の浜に出てくる西郷川が待った子河口が内容になっていましたが、七里御浜に面した川は全部こうなってしまうのです。
 大きな川がないので普段はこのように閉塞していても砂利を通して水がはけてゆくので河口のすぐ上辺りに湿地帯が出来ているだけで問題は起きないのですが、雨が降ると当然、河口にダムが出来ているのですから水がはけなくなり上流の田圃が水につかってしまいます。
 これを防ぐのに今では『カルバート』と言われる人工のトンネルによる排水方法があります。ものすごい巨費をかけて浜を横切り海まで川を導くのです。景観はかなり損ねますが効果はかなりあります。これが施工されているのは、熊野市駅を中心とする一体まで冠水した井戸川だけです。
 獅子岩のすぐそばに見える人工物が『井戸川カルバート』です。
 他の河口ではブルドーザーやユンボによって砂利を取り除く『川口切り』が行われています。
 ある程度砂利を取り除くと内側の水の圧力で一気に砂利の堤防が崩れ去って水が産みに流れ出すことがあり、人力では非常に危険な作業ですが、機会のなかった頃は海が荒れるたびに田圃を守るために地元の人たちが力をあわせたものです。戸口の砂利との戦いが七里御浜沿いの百姓の宿命でした。
 写真は市木川の河口付近ですが河口は今ありません。今はこれで問題はないのですが、豪雨の時にはこの砂利の山がダムとなって水が農地を襲うのです。
 さらなる、自然の恐ろしさは次回にでも書きます。
d0045383_1581619.jpg

カメラは レチナ2c+カータークセノン

by je2luz | 2006-05-31 15:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3158392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 河口閉塞に加え潮の逆...      熊野の旅 木本の子供と脇の浜 >>