LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 24日

熊野の旅 熊野市立木本小学校 3

 熊野市の中心的小学校の木本小学校が生徒数の減少で1/10ほどになったことは書きましたが、運動場はこれで丁度良いくらいですね。今も、そばを通りましたが休み時間で子供たちが運動場に出ていましたが、わずか100人台なのにようやく走り回れる程度ですね。
 この後者を立てる当時は昭和の合併後の熊野市が財政破綻状態でもあり、校舎建設には地元負担がかなり要った時代なので、元の校舎の敷地を売り払った話をしましたね。運動場が取れないほどしか敷地が無いのに、更にそれを切り売りしなくてはならなかったのです。一等地にあるゆえにそうなったのでしょうね。場所が悪けりゃ売ったって仕方ないですからね。
 校舎も老朽化が進んでいます。
 木造できちんと立てた昔の校舎より戦後の鉄筋コンクリートの建物の方が傷みが早いのです。地盤がさほど良くないところで、パイル打ちが出来ない時代に立てた細長い建物なので当然折れてひびが入りましたがこれ位は当時としては当たり前でしょう。
 しかし、ここまで来ると『耐震強度』が足りなくなり補強工事が行われました。「1」の時の写真は良く分かるのですか。校舎の壁に取り付けられた大きな筋交い入りの構造物がそれです。
 元の構造物との取り付けが実に簡単なのでどれほど効果があるのか分かりませんが、生徒数がどんどん減少する中では後者の建て替えなど論外ですからね。
 ここは災害時の避難場所にも指定されていますから、一番先に崩れるようでは困るわけです。ひとまずは安心して避難できるでしょう。
 後ろに見えるNTTの鉄塔は足元がぎりぎり同じ大きさの建物の屋上に乗っているのですが果たしてそちらの方がもつのやら・・・
d0045383_1131714.jpg

カメラは コダック メダリスト

by je2luz | 2006-05-24 11:32 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3130806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野路の大動脈 国道...      熊野の旅 熊野市立木本小学校 2 >>