LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 09日

熊野の旅 熊野古道の脇道 紀和町 丸山千枚田 1

 再び、紀和町に戻ります。
 まだまだ、紀和町が熊野市の一部であることがピンと来ないのは私だけではなく、旧熊野市民も旧紀和町民もそうだと思います。まだ半年しか経たないのですからね。
 普通の道順で行けば浜街道から尾呂志街道沿いに来ても熊野し中心部からの国道311号線で来ても、風伝峠を越えて紀和町に入ります。途中はどちらを通っても今回の合併でどことも合併が成立しなかった南牟婁郡御浜町を通ります。
 風伝峠の下に抜かれた風伝トンネルを抜けるよりは旧道を風伝峠越えして行くほうが『とおり峠』から『丸山千枚田』に行くにはいいのですが、よそから来るとついついトンネルを越えてしまうでしょうね。
 トンネルを抜けて国道を走り続けるとしばらくして矢の川(やのかわ)地区で、右・丸山千枚田の標識が出ます。そこから細い道路を進むと丸山地区の一番下に出ます。
 旧道風伝峠越えで右折して西山・丸山千枚田方面に向かうと、とおり峠の出口を通って集落の上から入ります。
 私にお勧めは絶対に上から入るコースです。理由は後の記事で書きます。
 上のコースで通り峠の出口を過ぎると、と言うより、とおり峠の道が今の道路と合流した地点のすぐそばに橋があります。枯れた沢のような細い谷を越えるほんの短い橋です。
 この橋の上に立って山側、上流を見てください。岩山が崩れて巨岩が埋め尽くした谷が見えます。この周辺の山はこんな岩で出来ているのです。
 巨岩で埋め尽くされた谷には水は無さそうですが多雨地帯の紀州の谷ですから水はあります。多くは無いのですが一応切れない程度にあるのです。岩の下を流れています。橋のすぐ下にならその水を見ることが出来ます。きれいな冷たい水です。これから行く丸山地区には大切な水源の一つなのです。
d0045383_11272987.jpg

カメラは エンサイン セルフィックス820

by je2luz | 2006-05-09 11:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3070403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野古道の脇道 紀和...      熊野の旅 熊野古道案内 丸一年... >>