LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 07日

熊野の旅 ゴールデンウィークの紀勢本線

 暇な紀勢本線もゴールデンウィークには旅客の増加が見込まれるのか特急列車が増結されていました。車両なども随分減らしたはずですがまだ増結できるくらいは残してあるのですね。
 そうそう、『紀勢本線』と簡単に書きますが、この線は前にも書きましたように昔は一本ではなく東西に分かれて『紀勢西線』と『紀勢東線』になっていました。そして、やっと繋がったと思ったら国鉄分割民営化でまたまた二つに分けられた路線です。
 昔は紀伊木本駅(現・熊野市駅)が紀勢西線の終点でしたが、今は行政区分もあり新宮までが西日本旅客鉄道・JR西日本で鵜殿までが東海旅客鉄道・JR東海です。東海側の列車は新宮駅始発ですがJR西日本の列車は三重県側には入ってきません。
 言うなれば紀勢本線は分かれ目を変えただけで再び『紀勢西線』『紀勢東線』になったわけです。西線側は電化されていますし、東線側はディーゼルです。

              クリックだ拡大します
 写真の特急・ワイドビュー南紀もディーゼル特急です。電車特急と違い加速時などものすごいエンジン音をとどろかせます。熊野市尾鷲間は半分以上トンネルですから密閉型車両でも結構響きます。
 紀勢東線側は線路の改修などで速度が向上して名古屋から熊野市までで30分短縮されました。今では2時間半ほどにはなっていますが、やはり遠いところには変わりません。それに、客が居ないから列車が無い、列車が無いから利用できない・・・鶏と卵?・・・まあ、増やしても赤字が増えるだけですから外されないだけましと言うのが現状でしょうか・・・
  紀伊半島南部の人口がせいぜい16万人、そのうち年寄りが5万人です。残りの見込み客を東西に振り分けて逆向きに輸送するのですから、二つの会社共に苦しいですね。あと10年もすると果たして特急なんて走っているのでしょうか?
 カメラは ツァイス イコンタ 521/2 テッサー105mm 1938

by je2luz | 2006-05-07 11:58 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3061420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野古道案内 丸一年...      熊野の旅 熊野古道と脇道 4 風伝峠 >>