LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 30日

熊野の旅 悲願40年・・・県道・新鹿佐渡線

 以前にも書きましたように、かつて人と物の往来が人間の足に寄った時代は少々の山があろうと地図の上で近いところは近かったのです。
 海抜0m海の村『新鹿』と海抜300m山の村『飛鳥』は500mほどの峠を越えればすぐそばなのです。昔の歩く道は直線的に登っていましたから本当に見たとおりに近かったものです。当然のようにそこに道ができ『八丁坂』と呼ばれました。飛鳥側からは歩く道がつずら折れの牛車用の道に改良はされたのですが、いわゆる『新道』という車の道路にはなりませんでした。
 この八丁阪を車が越せるように・・・と、戦後しばらくして海岸部を中心に運動が置きました。そして県道としての認可は下りたのですが工事は遅々として進みませんでした。
 当初の計画では八丁坂をほとんど頂上まで登って短いトンネルで超えてゆくと言うものでした。設計を始めた昭和30年頃では当然ともいえるのですが距離が長くなり余計も時間が掛かるのです。
 この計画を一気に進めたのが18年ほど前の住民運動でした。何時まで経っても進まない工事に痺れを切らしたのです。そのおかげでルートが今式に変更なりそれまでできていた新鹿側区間を少し使わないまでにトンネル位置を下げたものになりました。当初150mのトンネルが1050mと言う長いトンネルになり、それと同時に一気に新規測量、工事着工と進みました。
 今から7年ほど前に開通した県道・新鹿佐渡線は全長11kmですが、実質飛鳥町で国道42号線に合流するまで9Kmほどです。それまでは海岸線を大泊まで戻り、そこから42号線で名古屋、大阪方面に行ったのに比べると半分以下になりました。
 悲願の道路は開通したのですが、最初の頃に行われた工事が『暫定工事』で林道並みのものだったためロングボディの車が通れないままです。産業道路としては未完成なものですが、小型トラックや乗用車は便利になりました。
 写真は八丁坂の新しい頂上になったトンネル入り口です。昔の八丁峠はまだまだ上です。
d0045383_11575475.jpg

カメラは レチナ2c・カータークセノン35mm

by je2luz | 2006-04-30 11:53 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3032705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ゴールデン・ウィークと熊野古道      熊野の旅 石切り場廃墟 >>