人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 08日

熊野の旅 熊野の春 筍

 そろそろ筍の季節です。
 熊野も他のところ同様竹やぶが一杯あります。
 昔は食料と共に日用品の材料として裏山に竹を植える家が多かったものです。用途も違い筍の時期も違うので、太い孟宗竹と中くらいのハチクの両方を植える家もありました。
 春先は普通の筍・・・孟宗竹の筍のシーズンです。ハチクは藤の花が咲く春の終わりからです。
 我が家にもこの海岸線と山間部の二箇所に竹やぶがあります。気候が全然違うので筍の生え出す時期も一ヶ月ほど違います。昔はこの時間差が非常にありがたかったようです。今では私が気が向いて出かけない限り筍が里まで降りてくることはありません。
 今日は二年ぶりに『気が向いた』ので、竹やぶまで行ってみました。
 今年は雨も多いし良い筍が出るだろう・・・そう思いながら山に入って・・・『こりゃ駄目だ!』と思いました。
 『いのしし』が来ていました。おととし来た時は人間の手による盗掘でしたが、今回はイノシシさんの盗掘です。これには勝てません。匂いで探して掘るやつですから地面が盛り上がる前に見つけて根こそぎ食べつくします。
 彼らが餌場にすると毎晩回ってきて食べますから人間様の取り分はなくなります。
 海岸沿いの波田須、新鹿などというところは随分前から筍はイノシシの餌と化してしまっています。猪垣を作って竹やぶを守らないと駄目なのです。
 我が家のは木本町の裏山なのでずっとイノシシは来ていなかったのですが、とうとう回って来始めたのですね。これで、イノシシが食べ飽きるまでは採れませんね。
 それでも、せっかく来たのだから・・・と、イノシシの見落としを探して回り、小さいのを二本見つけました。本当に小さいのですが無いよりましです。
 イノシシが見ていたら、『そんなはず無い!俺様が見落として人間ごときに見つけられるとは・・・』と、地団太を踏んで悔しがるか、『イノシシをやめようかなあ・・・』と自信を無くすかもしれません。
d0045383_1031199.jpg


by je2luz | 2006-04-08 10:34 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2938353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野路の春と写真      熊野の旅 熊野の桜 >>