人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

熊野の旅 今年もやります大花火大会 続きの続き

 4ヵ月半先の8月17日でも、当然のように熊野市には旅館はありません。これはどこでも同じことで、普段の観光客の数を大幅に上回る入り込み客のあるときは旅館は足りなくなります。
 旅館を確保するには一年前には予約しないと駄目な常態化と思います。
 宿泊を確保して見物するなら三重交通をはじめとするバス会社や旅行業者などが募集する『熊野大花火大会見物バスツアー』に参加する手があります。日帰りで明け方に名古屋などに買えるものもあります。このツアーで来られると、浜に見物するスペースを確保してあります。これは主催者とバス会社との間で話し合って確保したもので確実に見物できます。個人の車で来て右往左往するよりずっと楽だと思います。
 個人の車に関しては主催者で駐車場は用意されますが、かなり遠くになります。遠い方だと2Kmほど先になります。もっとも、これは田舎なので遠いだけで、例えば幕張メッセなどでも場内の駐車場でも気が遠くなるほど歩かされますからね。
 民間の駐車場は尾鷲方面から来ると会場の1Kmほど手前の大泊海水浴場のところから見かけられます。少々高いです。主催者の用意する駐車場と歩く距離は変わりませんが、帰りの時会場周辺の道が一時間近く全く交通止めになり、更に動き出しても数時間はほとんど動けないのに対し大泊に止まったものが渋滞区間を外れているので自分の車に帰りさえすれば動かせます。帰りに関しては2・3時間早いでしょうね。
 バスでこられた時に確保されているのはちょうど我が家の前の浜で会場のど真ん中になります。打ち上げはここの右側と左側になり、海上での自爆も目の前になります。ベストポジションですね。大切な旅行業者とバス会社のお客様ですからね。その位置に家を構えているので言うなれば花火向けにある家のようなものです。しかし、花火は年に一回、台風は年に数回、潮風は毎日・・・しんどい時の方が多いのです。それに備えた家作りだけはしてありますが・・・
d0045383_11303814.jpg

 花火を見るために作った?ベランダ・・・にわか雨でもぬれずに見られます。今までに二度ありました。築後25年・・・国の言う耐用年数に達した???人間も耐用年数に達しました。
 カメラは ツァイス・イコンタ523/16

by je2luz | 2006-03-31 11:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2902475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 今年もやります大花火...      熊野の旅 今年もやります大花火... >>