人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 14日

1000mm

 台風10号が巨大化して暴風圏が日本列島を飲み込むほどです。
 気圧よりもこの雲の大きさがとんでもない予想を出させています。
 四国では1000mmを超す雨が降る可能性があるそうです。
 三重県でも900mmとか︙
 
 紀伊半島に大災害をもたらした12号台風の時、池原あたりには1000mmを越す雨が降り、十津川では明治の大洪水と同等の大水が出ました。
 500mmとか600mmは深い谷の多いこの辺ではなんとかこなせるのですが、1000mmとかはこなせませんね。
 平均して深さにして1mの雨が降り、それが川に流れ込むのですから水位は10倍余ってのものになります。
 気象庁も警報とか注意報などを早めに出すようになったので、今回の予報が出たのでしょう。

 「50年に一回の…」なんて表現は全くピンときませんね。
 この辺の人でも「伊勢湾台風」も「13号」も殆ど覚えていませんからね。
 まあ、1000mmならびっくりするけど500mmとかだとわからないかな?
 難しいですね。
 「津波警報」でもほとんど逃げないですからね。

 この辺は台風から離れますが、まともに雲がかかってきますし、筋状の雲がまっすぐぶつかってきそうです。
 12号の時もこうした雲が切れ目なく押し寄せてあの豪雨になったのです。
 私の家は洪水には縁がないのですが、皆さん気をつけてください。
 今回も場所によって随分差が出そうです。
d0045383_17551425.jpg
 この12号台風関連水害の復旧工事はまだ全部は終わっていません。
 山腹などが安定するにはものすごい年月が掛かるでしょう。
 雨に強い地方だと言っても、限度を超すとこうなります。
 近年は人的被害が出なくて済んでいますが油断は禁物です。
 12号の時も台風は遙か彼方だったのです。



by je2luz | 2019-08-14 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27727704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 花火大会とトラブル      熊野大花火大会 準備と延期 >>