人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 16日

色んな切り口・見方 花火大会 2

 花火大会についての続きです。
 日本人は江戸時代から花火が好きだったようです。
 と言っても、今のゆにきれいな花火は明治以降とかなんでしょうね。
 でも、明治時代には「三尺玉」を連発で揚げたなんて記録があるようです。
 歴史なら「熊野大花火・木本の花火」は負けないでしょう。
 木本町の極楽寺さんのお盆の灯籠焼き牡蠣源だと言われ、始まりは江戸時代となった居ますが、250年から300年前とあやふやなのが残念です。
 木本には「奥熊野代官所」が置かれていて、色んな記録が残っているのに…
 極楽寺山は昭和時代に火災にあっていますしね。
 起源がそこそこ確定できる古文書でも見つかったら花火大会に箔が付くのですけどね。

 前の続きですが…
 TRIP note というサイトでも全国保花火大会のランク付けがあります。
 1位 数でNo.1 諏訪湖湖上花火大会
 2位 三大花火大会 大曲花火協議会
 3位 三大花火大会 土浦全国花火協議会
 4位 三大花火大会 長岡まつり大花火大会
 5位 世界遺産宮島水上花火大会
 6位 長良川中日花火30000発
 7位 全国新作花火協議会 諏訪湖
 8位 みなと神戸海上花火大会
 9位 ふくろい遠州の花火
 10位 熊野大花火大会 フィナーレを飾る鬼ヶ城大仕掛けがすごい
 11位 尺玉300連発 こうのす花火大会
 12位 世界最大4尺玉 片貝まつり秋季例大祭奉納煙火

 と、三大花火大会に続く格の花火大会になっています。
 人口17000の田舎町では破格に事です。
 そして、「熊野大花火大会」を選ぶポイントはすべて「鬼ヶ城大仕掛け」にあるんです。
 カーテンのように花火をいっぱい打ち上げるなんて金に明かすことでは最早他所には勝てません。
 三尺玉もあちこちで打ち上げたり水上自爆させ始めました。
 やっぱり、迫力で他所に勝てるのは、「鬼ヶ城大仕掛け・巖頭の轟き」なんです。
 警察の停止要請は地元の力で押し切れましたが、「轟き」はさらなる工夫が必要だと思われます。
 爆発時間の長いもので重低音を発生させるとか…
 光が出る尺玉と同時にそうした号砲を破裂させるとか…
 他所では出来ないだけに花菱さんとの打ち合わせも大変でしょうけどね。
 「空気砲」みたいな効果を狙うとか…
 でも、下手すると木本の家のガラスが割れるかも…
 地元の「和田煙火店」さんとの研究が出来るとよいのですが…
d0045383_10434343.jpg
d0045383_22541948.jpg


by je2luz | 2019-07-16 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27688995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 獣? 動物?      色んな切り口、見方  花火大会 1 >>