人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 09日

月例 広報くまの 7月号 より 2

 7月号では・・・
 「花火大会開催に伴う通行禁止道路の通行許可申請」 と言う記事が出ます。
 「マル花」マークのことです。
 花火当日は市の中心部、木本町と井戸町には正午を過ぎると許可証のある車しか入れなくなります。
 許可は簡単に出ます。
 申請は熊野警察署地域交通課
   期間 8月2日(金)~16日(金) 午前8時30分~午後5時15分
          土日祝日を除く
   必要書類 運転するひとの免許証(コピー可)自動車検査証(コピー可)
        申請者(来署者)の印鑑
 使う可能性のある人は取っておいてください。
 私は毎年採りますが使ったのは一回だけです。

 だいぶん前から田舎では農機具の中古品を引き取る業者さんが居ました。
 何しろ、高齢化して農業を辞める人は多いのに農機具の行き場が無かったのです。
 民間の業者が買い取って一部は輸出に回されたりしたようですが、再利用などのシステムが出来ていないし、産業廃棄物並みに積み上げられているのなど見かけました。
 ようやくというか・・・
 「未使用・未活用の農業用機械などの情報を募集しています」
なんてのが出てきました。
 眠っている農機具を活用して、必要としている人の元へ・・・と言うことです。
 大型農機具なら業者による輸出もあるでしょうけど、普通の小規模農家の農機具はそうも行かないでしょう。
 田舎住まいを始めるとか言う人には身の丈に応じた農機具が必要でしょうしね。
 なかなか、「探している人」と「誰か使う人は居ないかなあ?」という人は出会えないものですから、こうした規格は悪くないです。
 ただ・・・
 これをマッチングさせるのが難しいと思われます。
 来る人はHPとか覗けても渡す側はほとんど無理ですからね。
 担当は「農業振興課農業進行係」市役所4階 内線483 です。
 HP 熊野市HPー暮らしー農業振興課ー農業用機械・施設バンク事業について で入れるようです、
d0045383_21393818.jpg
 何処の農機具もこのままでは納屋の中で朽ち果てるだけになります。
 ひょっとしたら、日の目を見て又田んぼを走り回るかも知れません。
 一度考えてみてください。
 農地の方も「中間管理機構」は中々機能しませんが、そちらも、日の目を見るかも知れませんから考えてみてください。
 同じ農政課にと合わせればわかるかと思います。



by je2luz | 2019-07-09 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27680176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 嬉しくはない      月例 広報くまの 7月号 より 1 >>