人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 12日

母の日

 5月第二日曜日、今年は12日が「母の日」です。
 私が子供の頃にも「母の日」があったので、調べてみると、日本でも戦前から会ったらしいのですが、普及し始めたのが戦後、昭和24年頃だそうです。
 GHQの影響が強かった時期ですからアメリカと同じ5月第2日曜日になったようです。
 昭和24年というと私が小学校に上がった時ですから、学校で「お母さんありがとう」という母の日の意味を教わった最初の学年くらいですね。
 私の時代には保育所も幼稚園もありませんでしたから、こうしたものは小学校で教わりました。
 「七夕」なんてのもそうでしたね。

 その頃飛鳥には花屋なんてありませんし、カーネーションなど作っていなかったし・・・
 増加などみんなが帰る時代でも無かったし・・・
 今の保育所の子供のように似顔絵でも描いたのかな?
 お袋に何かしらプレゼントしたのは覚えていますが、それが何だったかは覚えていません。
 母親が存命中なら「赤いカーネーション」母親が居なかったら「白いカーネーション」
 この風習も色々論議を呼んだりしてましたね。
 もっと論議を呼んだのが「父親参加の御璽」でしたね。
 私の頃には戦死による片親の子供が沢山居ましたから不都合だったのですし、世の中が落ち着くと離婚による片親が増えて違い面から不都合が生じたようです。
 今は色んな色のカーネーションが出回っていますから、昔のような「赤」「白」の区分は薄れているのでしょうね。
d0045383_19552800.jpg
 ちなみに日本では「父の日」は6月第3日曜日ですから、今年は6月16日です。
 いったい何割の父親がプレゼントなど貰えるのでしょう?
 そもそも、私を始めどれだけの国民が「父の日」を覚えているでしょうね?
 この6月第3日曜日を採用しているのはアメリカ合衆国を始めすごく多いようです。
 日本もアメリカにならったのでしょうね。



by je2luz | 2019-05-12 04:16 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27595224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 土木工事 自治会      令和元年 熊野大花火大会 >>