人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 28日

熊野の旅 丸山棚田・・・珍しく宣伝です

 平成の大合併で熊野市になった『紀和町』ですが、その中では数少ない観光スポットでもある『丸山棚田』が『オーナー』を募集しています。
 オーナーと言っても田圃の所有権を買い取るものではありません。いうなればその年の作付け権を買い取るものです。
 1口・・・約100㎡分3万円だそうです。
 オーナになると『田植え』や『稲刈り』に参加できるそうです。
 特典として季節の野菜がもらえるほか米15kgもらえるそうです。
 子供連れなどで自然と農業を体験することが出来ることを価格に換算すると、クレジットカードのCMだと『プライスレス』だそうですから、この3万円は高くないでしょうね。安くも無いですがね。
 募集目標は140口だそうです。結構たくさん募集しますが、棚田の維持にはものすごく労力が必要です。平地でさえが農地を維持するのが大変な時代にこうした棚田を維持するには地元の老人だけでは無理なのです。
 ここの棚田も十数年前まではほとんど耕作放置されて山に戻りつつありました。その棚田を全国での棚田見直しの機運と共に三重県知事の北川さんが音頭を取って復旧に取り組んだものです。一種の文化財保護的なもので食糧生産の面から見ると全く採算は合いません。
 今ではどうなのか知りませんが、最初の頃は田植えと稲刈りには知事自ら来ていたようです。
 この北川さんはアイディアマンで熊野古道の世界遺産指定も言い出しっぺになっています。
 ???、三重県知事など知らんぞ・・・と言われそうですが、ほとんどの人が知っている人です。 国会議員を辞めて三重県知事に転進、今度は三重県知事をさっさと止めて早稲田の教授になってテレビにも登場する御仁です。国会議員に戻れば民主党の党首だとも言われるやり手ですね。
 熊野市にはこうした大きなものではありませんが棚田が一杯あります。と、言うより地形の関係で山間部は棚田ばかりです。合併で熊野市に来た旧紀和町などは全域棚田です。そして、この辺では『山田』と呼ぶ段々の小さな田圃はどんどん廃耕になって山に戻っています。この『丸山棚田』のように公金をつぎ込んで、都会に肩に助けていただける所だけがかろうじて生き延びているのです。
 大阪から200Km、名古屋から230Kmほどの山の中です。緑だけはたくさんありますし。熊野古道の脇道も通っています。温泉もあります。興味をもたれた方は『紀和町ふるさと公社』までお問い合わせください。
 紀和町ふるさと公社 05979-7-1161 または 05979-7-0640 だそうです。
 この山の向こうが紀和町です。冬は寒いですが、夏の夜は涼しくて過ごし良いところです。


by je2luz | 2006-02-28 12:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2757227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の地名 大泊・小泊      熊野の旅 熊野の地名 新出町 >>