LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 09日

どうでも良い???

 昭和19年と昭和21年に動いてからは少しだけおとなしくしている南海トラフ・東海地震・東南海地震・南海地震の震源地関係も地下ではじわじわと動き続けて、エネルギーを充填中らしいです。
 じわりじわりと滑る「スロースリップ」があちこちで観測されておいるけど、報道はされませんね。
 気象庁では一応発表していますが、「南海トラフ地震との因果関係は不明」と言うことらしいです。
 東日本の時には異常を観測したけど、発表しないままで地震が起きちゃったらしいです。
 でも、予兆から本震までの時間が、一時間なのやら一日なのやら一ヶ月なのやら一年なのやら十年なのやら・・・予測・計算できないそうです。
 「地震予知は出来ない」と言う結論も出ましたしねえ・・・
 下は最新の気象庁発表のものです。
 気にしたら切りが無い
 「夜も寝れなくなっちゃう!」ですよ。
 水槽買って「なまず」でも飼育してください。

地震の観測状況
 南海トラフ周辺では、プレート境界の固着状況に特段の変化を示すような目立った地震活動はありませんでした。
 プレート境界付近を震源とする深部低周波地震(微動)のうち、主なものは以下のとおりです。
(1)四国東部・四国中部:1月23日から2月9日まで
(2)四国西部:2月1日から断続的に継続中
(3)東海:2月2日から2月10日まで
(4)紀伊半島北部:2月10日から2月19日、2月26日から3月3日まで
(5)四国中部:3月1日から継続中

d0045383_17032764.jpg
 ちなみに・・・
 熊野灘に面した我が家の二階で寝ている次男坊は2月8日未明三時頃に沖で地鳴りがするのを聞いたそうです。
「地震が起きるのかと身構えたけど起きなかった」と、言っていました。
 スロースリップですね。
 それもこの沖すぐのところでしょう。
 嫌ですねえ・・・
  


by je2luz | 2019-03-09 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27476461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 月例 広報くまの 3月号より      熊野の旅 田舎とコンビニ >>