LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 04日

熊野川河口

 近年、熊野川の河口部では地質調査が行われていますね。
 和歌山県を三重県にまたがるし、結構長くやっているのに報道にも気がつかない程度です。
 船田の辺りから段々下流に下がり、今は鉄道の鉄橋付近でやっています。
 その下流のは河口架橋の分かなと思います。
 ちょっと調べたのですが実態はよく分かりません。
 「河口部干潟の再生」なんてのがあったり、「新宮川水系河川整備基本方針」なんてのがあったり・・・
 12号台風大水害もあったし、本格的に調査しているのでしょうね。
 土砂の流下が減って河口閉塞の回数が減っているみたいですが、閉塞が起こらないほど土砂が来ないのなら先が大変です。
 以前は「因果関係なし」としてきた「熊野川水系ダムの影響」とか「中流部での砂利採取」なども取り上げているようです。
 そうした大きな転換も表には出してきませんね。
 今更「影響が大きいんです」とは言えないでしょうけどね。
 そもそも、立案段階で「土砂の流下が減少し将来に禍根を残す」というレポートを出した学者さんも居たのですが、当然のように「ボツ」にされたようです。
 そのレポートは「鵜殿村」には残されていたのですが、もうないでしょうね。
d0045383_20535196.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 
>

by je2luz | 2019-03-04 04:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27469271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 高規格道路 1      違いがあるんだ! >>