LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 01日

運転免許

 私が「運転免許」を撮ったのは昭和37年(1962)でした。
 公認の練習場では居ない高田馬場駅近くの小さな練習場で練習して、小金井の運転免許試験場へ受けに行きました。
 一回目の実技に落ち、たまたま通りかかった試験管に「なんで落ちたんですか?」と聞いたら、「お前みたいに外周で速度を出しクランクも勢いよく回るやつには免許はやらん。今度来たらノックするほどゆっくり走れ。」と言われました。
 二回目は言われたとおりにゆっくり走って免許貰いました。
 その頃は黒い表紙でパラパラと折りたたんだやつでした。
 一杯違反しても書ける配慮かな(笑)

 私が撮る少し前には「小型四輪免許」というのがあり、制度が変わると「普通車」に格上げなったようです。
 そして普通が二種になったり・・・
 私でも「普通免許」に付随していた「原付二種」が制度切り替えで今は「大型自動二輪」に格上げされています。
 他にも何度か制度切り替えで、中型・大型が事故多発でうるさくなったり区分がややこしくなったりしていますね。
d0045383_21580500.jpg
 なんだか平成29年から「準中型免許」なんてのが出来たんですね。
 宅急便などの運転手不足で18歳以上なら4トン、4半が乗れるようにしたのでしょうね。
 中型や大型のような運転経験は問いませんから気楽に仕事に就けると言うことでしょう。
 古い制度で普通免許で4トンが乗れる時、「4トンの保冷車は怖いぞ!」と言われた時代があります。
 初心者マークでロングボディの4トンで疾走するのですからね。
 見晴らしが良いし運転代は高いし・・・気が大きくなるんですよね。
 「そこのけそこのけ、俺様のお通りだ!」ですし。トラック野郎のまねをした「電飾トラック」で走り回った物です。
 今ではトラック乗りも若い衆が居なくなったんだそうです。
 この先どうなるのでしょうね?
 ここも外人部隊になるのかな?
 日本人の運転マナーも悪くなっているので目立たないかな?
 ハノイやサイゴンで走っているのに比べれば東京・大阪の道は走りよいですけどね。
d0045383_22150109.jpg



by je2luz | 2019-03-01 04:39 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27464721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 県立高校      台風2号 >>