人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 31日

PM2.5 哨戒機より怖いんでは?

 この記事・・・
 今の時期だと問題になるのかな?

 本格的はシーズンに入るわけですが、このPM2.5ってこの東アジアのものでは無いようです。
 なんだか南の方でも大変なことになっているのだそうですね。
 タイでは米国の環境基準でバンコックで169だとか・・・
 地図では735なんて殺人的なのもあります。
 100を越えてはいけないんです。
 ご本家の中国では赤を通り越して400台なんてのが固まっていますね。
 北京などでは排気ガス対策は、ハイブリッドなどでは手遅れと言うことで「電気自動車」がバスやタクシーで強制使用だとか・・・
 それでも収まらないのですね。
 この切り替えがこの先の自動車の動力源切り替えで大きく生きてくるらしいです。
 あの広い国で国家による壮大な実証実験をやるのですからね。

 日本でも北九州などはすでに100を越えてきましたね。
 東京辺りの153とかは自前の汚染もプラスしているのでしょう。
 日本は空気汚染の先進国だったのですから・・・
 四日市公害から川崎病・・・光化学スモッグ・・・
 まるで空気の汚染は中国だという風に思う節がありますが元祖は我が国です。
d0045383_19263028.jpg
 お隣の韓国は中国から近いので毎年すっぽり包まれるし、自前も多いようですね。
 PM2.5はステルス機のように姿が見えにくいです。
 姿が見えるP3哨戒機よりずっと怖くて厄介だと思うのですが、噛みつかないんですね。
 これがかつての北九州のような汚れた空気があって向こうへ流れたら・・・
 それは抜きにして、韓国も気の毒ですね。

 インドやバングラデシュ辺りも良くないですね。
 あの辺の空気は梅雨時にヒマラヤ経由で日本の梅雨の雨になるのです。
 雨量が多いからわからないけど、濃度は薄くても総量ではかなりの汚染物質が来るのかも・・・
 総量では無く、薄めて「無害だ!」というのは我が国の公害対策の常套手段でしたね。
 放射能汚染水も同じ手法で、「無害だから海洋投棄する」と言いだしていますね。
 昔と同じですねえ・・・
 まあ、日本には・・・
 「三尺流れれば水清し」なんて諺があるのですからね。
 この調子だと海水が酸性化するかも・・・
 これはものすごく怖いことだそうです。



by je2luz | 2019-01-31 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27421165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ポケベル・ピッチ・携帯・スマホ      二月・如月 >>