LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 31日

2018 最終月例

 いつもは月初めに配達される「広報くまの」が年末委と言うことで月終わりに配達されました。
 2019年1月号です。
 新年号と言うことで市長と市議会議長の年頭挨拶から始まっています。
 その次には85人ほどの子供の顔写真が4ページにわたって載せられています。
 一年に生まれる子供が100人弱ですから年長の子が7歳ですからかなりの確率で写真提供してもらえたのですね。
 近年はおかしいくらい「肖像権」「個人情報」などと叫ぶのでこうした紙面も作りにくいでしょうね。
d0045383_21334428.jpg
 「町作りアンケートの結果というのが出ています。
 住みよいは「どちらかというと」を加えると6割ほども居るのですね。
 まあ、気候も温暖だし日本の田舎では住みよい方でしょうけどね。
 「住みたいか?」についても同じような数字ですね。
 高齢者も多いし、アンケート対象の18歳以上の1000人・・・回答者338人は若い人だけでは無いので安定志向が強いでしょう。
 高校生を入れるとがくんと下がるのは全国の田舎共通かと思います。
 若い時に進学などを含め「外向き指向」が無いようではこれも困った物ですしね。

 人の動き 平成30年12月1日現在
    人口   17.096  (-19)
     男    7.861  (-10)
     女    9.235   (-9)
    世帯数   8.943   (-7)
 年内・平成の間は17000人を確保しましたが、新元号のお盆頃に割り込みそうです。
 外国人が入ってきても受け入れる企業がほとんど無いでしょう。
 対象の農業も通年雇用できる形態の農園も無いようですしね。

 それよりも、前にも書きましたが、「くれても要らん土地」を買いあさられる危険性が増しているようです。
 同化して一緒に働き暮らすなら外人も結構ですが、よそで動いているのは投資目的とか地元にはメリットの無い目的が多いのだとか・・・
 一時期は「水資源買い占め」なんて話もありましたね。
 紀伊山地の水はほとんど「電源開発」が押さえていたのですが、この先も大丈夫なのでしょうか?
 水道まで民間に開放しようという流れですから怖いですね。
 海岸側の分水嶺から海側には電源の水利権も及んでいませんしね。
 「くれても要らん土地」が売れるとなると迷わず売る形になる事も予想されます。
 気にはなります。
d0045383_21543618.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


by je2luz | 2018-12-31 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27313134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 良いお年を!「      小晦日 大晦日 >>