LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 18日

自転車の走行レーン

 道交法の改正で自転車の走る場所が一部変わったようです。
 変わってすぐ位に熊野市での自転車専用レーンを載せました。
 熊野警察署と井戸川の橋の間のほんの少しを専用レーンの青色で塗りました。
 見本みたいな物で、ほとんど誰もわからないし守っても居ない感じでした。
 ここに来て、国道42号線や国道311号線で、車側帯の内側に青い矢印のステッカーを貼りました。
 自転車に車道を走れという指示なのかと思いますが、もう一つわかりにくいです。
 矢印を見ながら車で走るとどこで始まってどこで終わるのかもわかりません。
 調べてみてもよく分からない状態です。
 そして、歩道のある所では歩行者と自転車両方通行可能の標識が残されています。
 これは歩行者の邪魔にならないとうに自転車は走れと言うことだったように思いますが・・・
 両方あるって事は???
 「自転車は好きにしろ!」では無いでしょうね?
d0045383_17010965.jpg
d0045383_17012486.jpg
 この青い矢印の路面標示はステッカーのようです。
 私が見ただけでもものすごい数です。
 最近は法律や規則が変わっても下々にはわかるように説明してくれませんね。
 国会で説明しないくらいですから、民百姓には・・・
 昔から施政者は民百姓には「知らしむべからず」が常道ですからねえ・・・
 マスコミさんもそれに従っているようで、騒いでいるようで本当は一緒になって隠しているのかも・・・
 いつも言うように・・・
 「大本営発表」なのかも知れません。
 パチンコ屋から「軍艦マーチ」は消えたのに・・・
 あまり書くと「特高警察」にしょっ引かれるかも・・・



by je2luz | 2018-12-18 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27272644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 大丈夫なのかなあ・・・      年の瀬 正月 >>