LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 13日

危ない世界になってきた?

 なんだか世界中の国の状態がおかしくなってきたようです。
 世界の強国のアメリカ合衆国、中華人民共和国がいろんな面でぶつかりだしました。
 合衆国には独裁者ではないけど独裁者のようにふるまいたい大統領が座っているし、中国ではまんまと全権を把握してしまったようなトップが座ったし…
 冷戦時代、ベトナム戦争当時、中東紛争…
 代理戦争のような紛争でいざこざの矛先をかわしていた時と違い、ぶつかる場所が見つからない感じでしょう。
 中東は相変わらず収まらずに炎が上がって人民が泣いていますが、もはや代理戦争ではないですね。
 そもそも、代理戦争なんて汚いものは無い方が良いのですが、歴史上は沢山在ったようです。
d0045383_23013388.jpg
          戦艦三笠  日本海海戦 東郷平八郎
 日本では「再軍備」なんて言葉が死語になるほど装備は進んだようです。
 そして、とうとう、ヘリコプター搭載護衛艦を改造して戦闘機が積める様にするようです。
 「常時搭載はしない」と言ってもよそは信用しないでしょう。
 日本列島全体を「不沈空母」と中曽根さんは言いましたけどね。
 潜水艦、イージス艦、そして航空母艦…
 空ではステルス戦闘機、オスプレイ…
 でも、現所は自衛官になる若者が減っているみたいです。
 潜水艦にも女性乗組員が乗るんだとか…
 いったいこの国はどこに向かうのでしょう。
 まさか「外人部隊」って訳にはゆかないでしょう。
 これまで以上「平和外交」が大事になると思いますが…



by je2luz | 2018-12-13 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27265526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 節季 大晦日 正月      南海トラフ地震 >>