人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 23日

季節が来ても・・・

 日本には四季があり、野にも山にも海にも季節の物が出てきます。
 野山は目に見えますが、海の方はよく見ないと見かけは変わりません。
 今の季節になるとこの辺の海で補なんだか寒そうな色になり、寒い朝他には湯気みたいなのも上がります。
 「気嵐」と言うほどなのはあまり見ませんけどね。
 川からも湯気が上がるし、尾呂志などでは霧が山を駆け下りて「風伝おろし」なんて呼ばれます。
 岡では作物が変わって「冬野菜」になります。
 我が家の庭でも「水菜」「わけぎ」が収穫期に入り、もうすぐ大根も採れます。
 ミカンも全盛期だし・・・
 こんな風に季節を感じさせてくれるのですが・・・
 今年も11月の末だというのに「さいれ・さんま」が揚がりませんね。
 北海道の方では「鮭」が揚がらないんだとか・・・
 鮭は放流もされるし、私の子供の頃より安定して漁があるものらしいですが、今年は良くないんだとか・・・
 ロシアが捕るとか中国が捕るとかだけではないようです。
 烏賊も不良みたいですし、これも朝鮮のせいだけではないのでしょうね。
 なんだか、少しずつ恐ろしいことが起きかけているように思えます。
d0045383_20501225.jpg
 ミカンの輸出、米の輸出、牛肉の輸出、魚の輸出・・・
 近年良く耳にしますが、自給率最低の国が輸出するのも不思議なことですね。
 少し高く買ってくれるから今は良いですが・・・
 日本が外国から「安い」と言うことでどんどん輸入して食いつないでいた時代が終わりかけて居るようですが、どうなるのでしょう。
 国土が狭いですから人口が減らないと食糧不足は根本的には解決できないのですが、人口が減って国力がなくなってくると自分の食い扶持まで輸出するというかつての東南アジアの国のようにならなければ良いのですが・・・
 ほんの少し前まで「からゆきさん」なんて言葉があったのですからね。
 たった75年ほどの私の人生の間で様変わりしたのですから・・・
d0045383_20423719.jpg
 こんな光景が戻ってくれば良いのですが、もう二年も捕れていませんからね。



by je2luz | 2018-11-23 04:23 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27232330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 半額      そろそろカレンダーを・・・ >>