人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 05日

秋祭り2 五郷の飛鳥神社

 一つ前に書いたように熊野市飛鳥町の隣、五郷町にも「飛鳥神社」があります。
 飛鳥町は旧飛鳥村、五郷町は旧五郷村です。
 どちらの飛鳥神社もそれぞれの鎮守様です。
 村の時代から飛鳥村の方が面積も人口も大きかったと思います。
d0045383_19314644.jpg
  五郷の「飛鳥神社」です。
 緋毛氈は浦安の舞の舞台です。
 折しも神事が始まったところで、拝殿に役員や舞姫などが勢揃いしています。
 ここでも、飛鳥の飛鳥神社同様、「七五三」の祈祷も行われるようで、それらしき子供も数名見かけました。
 神事の後、『浦安の舞』が舞われ、皆さん待望の「餅撒き」になります。
 餅蒔き文化の地ですから、祭りで餅撒きを無くしたら祭りでは無くなるでしょう。
 一般参拝者の多くはそれが楽しみなんですからね。
 一昨年の記事には「餅撒き・餅ほり」の写真を載せたと思いますが、社殿前の石垣から餅が撒かれます。
 厄年や七五三の家の方が餅やお菓子などを持ち寄って撒きます。
d0045383_19425112.jpg
 境内のスナップです。
 ここで婦人会らしき方々がカレーなどを販売しています。
 その前に前を流れる大又川で「熊野市消防団五郷分団」の放水訓練が披露されました。
 五郷では恒例行事のようです。
 それがあるので消防団員の方々が集まっておられます。

 残念ながら一般の人は年々減っているようです。
 五郷も平・寺谷・和田・桃崎・湯ノ谷・湯谷など集落が広い範囲になっているので、高齢化した今ではお祭りに集まる人が減るのも無理は無いでしょうね。
 イベントなどのようにシャトルバスを出すという予算とか組みにくいでしょうしね。
 餅拾い待機組の人も100人も居ない感じでしたし、「餅撒きが終わり」が「祭りの終わり」の合図になり人は居なくなってしまいます。
 お昼まで保たせることができないようです。
 酔っ払いがぐだぐだするのも困りますが、早々と終わってしまうのも・・・
 ほかのイベントを行う人と神社の祭りでは、少し顔ぶれも違うように思われます。
 神社もお寺も集落の中心では無くなっていますからね。



by je2luz | 2018-11-05 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27201529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 紀和のふるさと祭り      秋祭り1 飛鳥町の飛鳥神社 >>