人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 28日

今年はどうかな? さいれやってくるか?

 今年は北の方のサンマはそこそこ捕れているようでスーパーの店頭価格も100円から130円と落ち着いています。
 去年に比べると倍増らしいですが、何しろ去年は全くでしたから、倍増しても近年の平年並みだとか…
 あと一ヶ月ほどでこの沖の「棒受け網漁」がはじまりますね。
 今年こそ捕れて欲しいものです。
 冷凍物に頼るには限界がありますからね。

 木本の浜にも3番ゲートの辺りに干し場が作られます。
 この二年はほとんど使わないままで撤収されました。
 干したのは「サンマ祭り」の分だけ…
 それも地場ものではないやつでした。
 さすがに今年春先のイベントでは「地場ものではありません」と、断りを入れましたね。
 「目黒のサンマ祭り」とは違い、産地での「まつり」ですから、本当は産地が違えばおかしいのです。
 三年ぶりの正直?で今シーズンの「サンマ祭り」は「遊木のさいれ」でやって欲しいですね。
 「雨乞い」ならぬ「さいれ乞い」なんてやらなくてはならないのかも知れませんね。
 昔ほど、「正月にさいれが無いと…」という家庭はありませんけどね。
 でも、産業としての干物屋さんが消えるのは困ります。
d0045383_20092369.jpg
 これは今年三月の光景で、会場には大漁旗も揚がっていましたが、この丸干しはよそのサンマを熊野式の丸干しに仕上げたものです。
 そう何年も非純正では困ります。
 遊木の船は大型では無いので遠くへは行けないし、「丸干し」「寿司な」にはよそに行って脂の乗ったやつを捕って来ても駄目ですしね。
 融通の利きにくい産品です。
 よそでは嫌われる、「痩せて脂の無いサンマ」が欲しいという不思議な所です。




by je2luz | 2018-10-28 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27187294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 新宮・三輪崎 神武東征      県立木本高等学校 >>