人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 05日

統計とインターネット

 ようやく「住宅・土地統計調査」と記入提出しました。
 今回はインターネットでの回答になりました。
 調査員の方が最初からインターネット用の書類を持ってこられました。
 ログインとかの方法はあまり洗礼はされていませんでした。
 そんなにややこしい調査では無いので時間もかかりませんでした。
 これからはどんどんこっち向きになるのでしょうね。

 前回の国勢調査、2015年の簡易調査・中間調査でもインターネット調査があったようですが、これは、私のところにはネット用の書類が回ってこなかったようです。
 次は2020年で「大規模調査」と言われるものでこのデータは国の基本データになるはずです。
 2015年の時の調査人数は。127,094,745だそうです。
 この国勢調査は「世帯単位」での調査になっているのですが、実態はずいぶんわからないところがあるようですね。
 この調査はその年の10月1日での居住地で数えるのだそうです。
 その辺も学校ではそう習ってそんなものかと思っていましたが、実際、一億人を超す人口で、やたらと動き回る現代では把握しにくいでしょう。
 でも、5年刻みに一斉調査を重ねているので統計としてはそれなりに信頼性があるでしょうね。
 ただ、記入者がどれほど理解しているかが・・・
d0045383_20221352.jpg
 これが総務省の言うネットでの統計記入の流れです。
 今までの係員訪問方式では「プライバシー」をやたらと気にする人がいて、いろいろ物議もかもしましたが、NETになればそれらは解消されるでしょう。
 でも、ぐしゃぐしゃな回答をする人も多少でるでしょうね。
 前回でインターネット回答率は 36.9%だったそうです。
 2020年にはスマホとPCを合わせると50%を超すかもしれませんね。
 大して「プライバーシー」と言うほどのものでもないけど、総務省さんの安全対策はどれほどのものなのでしょうね?
 便乗「国勢調査詐欺」なんてのもでるかもしれません。
 


by je2luz | 2018-10-05 04:26 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27143074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 月例 広報くまの10月号より      森友内閣?安倍晋三記念内閣? >>