人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 13日

熊野の旅 秋らしい物

 少し人間が古いので、「温室ミカン」は馴染めません。
 ミカンと言えば秋の運動会の頃に出てくる真っ青なやつです。
 「アオギリ」ですが、昔と違って今の品種は口が曲がるほど酸っぱいのは無いですね。
 少し前から出ていましたが、もう少し味が出ないかなと思っていました。
 でも、今日貰ったやつはもう立派に「ミカンの味」です。
d0045383_20001776.jpg
 昔は9月の末頃に出て来たのですが、段々早くなって、9月の上旬でも大丈夫です。
 「アオギリ」「極早生」の市場の値段って昔は毎日くらい下がって行きましたから、一日でも早く出荷出来るように品種改良したり頑張ったのでしょうね。
 露地でも地面にアルミの反射シートを敷いて日あたりをうんと良くして、早く熟し、色が付くように工夫したり・・・
 「マルチ」なんて書かれたやつがそれです。
 これには補助金が出ていますね。
 たしか、「年中ミカンのとれる町」の御浜町の方が先に助成したと思います。

 ミカンも春から初夏に掛けて「摘果」もしなければなりません。
 収穫後の「剪定」もありますし、「施肥」もあるし、収穫まで入れると年中作業がある農業ですね。

 先日の台風は、まだ実が小さい時期の台風だったのであの強風もそこそこで済んだかも知れませんね。
 ミカン農家さん達も老齢化していますから大変だと思います。
 県知事は「輸出」に力を入れるそうですが、東南アジアでは果物が安いし・・・
 中国の富裕層を狙う???
 諸外国は日本以上に衛生検査・検疫とかうるさいみたいですから、農家の負担も結構大きくなるのでしょうね。

 トランプさんじゃ無いけど、今の日本では国産果物より「バナナ」が売れたり・・・
 「Buy Japan」
 ちっとも田舎の所得は増えないのに、まだまだ、日本の人件費はアジアでは高いですからねえ・・・



by je2luz | 2018-09-13 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27103960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Rain cats and dogs      9月12日 宇宙の日 >>