LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 21日

熊野大花火大会 考3 見物客・交通事情

 今年の花火大会は交通の面から見ると42号線木本町地先ではかなりスムーズでした。
 金曜日と言うことで混雑を予想していたのですが、お昼を過ぎても入り込みの車も流れているし、夕方になってもそこそこ流れていました。
 熊野尾鷲道路が警察車両・緊急車両・バスに制限されているので矢ノ川越え国道42号線が変わった訳では無いのに、大又で働いている次男坊がちゃんと帰ってこられましたからね。
 以前に一番混んだ時は最後尾が紀伊長島でしたからね。
 運転手が上手になった訳でも無し、駐車場への道が改善されたでも無し…
 前の晩からあちこちに違法路上駐車が溢れることも減ったし…
 どう見ても車も減って居るのでしょう。
 主催者としては認めたくないでしょうけど、現実をしっかり見て対策を考えないといけません。
 mini miniさんのおかげで三尺玉海上自爆が続いていますが、宣伝価値が落ちれば協賛貰えなくなる可能性もあります。
 他のスポンサーを含め豪華客船のお客様にも宣伝する必要があるでしょう。
 協賛企業は宣伝が目的なんですからね。
 あの船に乗っている人達は富裕層の方がほとんどでしょうから宣伝対象になるかも知れません。
 日本郵船などの船会社にお願い出来ないのかな?
 熊野の花火の維持は船会社の利益でもあると思います。
d0045383_10434343.jpg
 私の家の前に7蕃ゲート(旧5蕃)がありますが、夕方から終了まで人の出入りは少なめでした。
 終了後も押し合いへし合いも無く、車道も開放された国道が歩きにくくなることもありませんでしたし、病人搬送の救急車が二台も来ましたが混雑にならない程度、人も少なめでした。
 毎年来られてここに車を置き、浜で花火を見る人達も「来る道は楽に来られた」「浜も混雑しなかった」と感想を述べておられました。
 これは「良いこと」に見えるのですが、先にも述べた「スポンサー」の側から似てどうなのでしょう?
 団体バスの数は???
 観光バスはこの前を通ってから木本小学校や井戸の方に曲がるので、夕方以降はやたらと目立つのですが…
d0045383_10441600.jpg
 浜の露天商さんの様子は見に行けませんが、この家の前にも以前から夜見世が出ます。
 花火の時間が短くなったので、途中でうろついて買い食いする人は減って居るようです。
 昔は5時間も掛かったりしていましたから、腹も減るし喉も渇いたのですが。今は2時間ですからね。
 今年は終わってからの帰り客が押し合いへし合いにならなかったので国道に面して開いている屋台に立ち止まる人が多かったです。
 夕方からの通行人が少ないのでトータルではどんなものなのでしょう。
 我が家の前の「ケバブ」はほぼ完売でしたが…



by je2luz | 2018-08-21 10:04 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27064955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野大花火大会 考4 地元近隣...      熊野大花火 考2 花火と台風 >>