人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 15日

14日夜も3つのゲートが閉められず

 今年は熊野市としては夜になってからのゲート確認には回っていないようです。
 前は観光スポーツ交流課の課長さんとかが早い時間に確認に回ってくれたりしたのですが、今年は何も対策されていないような感じです。
 業者さんとかへの夕方の閉鎖をお願いもしていないのでしょうね。
 確かに来ると決まっている津波では無いです。
 しかし、簡単に対策出来るゲートの夜間閉鎖くらいやるのが行政の役目でしょう。
 行政がやらなくても私が元気ならこうして定時巡回で締めますけどね。
 万一にでもこの状態で津波が来て、木本町や市民に被害が出たらどう言い訳するのでしょう?
 私が市議の時以来、もう何年もその可能性を指摘し続けこうして個人で回っています。
 確かに木本は津波には強いことにはなっていますがゲートが開いていると波高にして3mあまりの分、危険が増えるのですし、堤防破戒の可能性も増えるのです。

 行政の目的の根本は市民の生命の安全を確保することです。
 それを失念している、軽んじている訳です。
 「そうかえ… 閉まってないかえ…」で済む問題では無い事が市は分かっていませんね。
 実に困ったものです。
 こんなうるさいやつは早く居なくなって欲しいのかも知れませんね。
d0045383_22283944.jpg
 8月14日は4/6/7番がだめでした。
 夕方にはきちんと閉まっていたのもあるんですけどね。

 このブログを読んでいる市職員さんも居られると思います。
 何かあった時、「知らなかった」「想定外」と言わなくて良いように内部での問題提起して下さい。
 行政と公務員の本分を問い直して下さい。

 15日の夜は灯籠流しで真夜中まで人が出るので開放されたゲートがあってもある程度はやむを得ないです。



by je2luz | 2018-08-15 04:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27054058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 準備は進む… 若い人手もたくさ...      ゲート開放指示は部署不明  >>