人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 13日

花火の場所取り

 恒例の熊野大花火大会浜の場所取り合戦が12日17時からありました。
 今年は浜には出ないで堤防の上から様子を見ました。
 16時45分に家に帰ったら家の前に走らない車があって庭に入るどころか注射すらできませんでした。
 国道に面して屋敷の外にも空きスペースがあるのでよくこうした違法駐車で私の車が行き場所を失うのです。
d0045383_21182730.jpg
二丁目下の「フリースペースの陣取り軍団です。
d0045383_21191632.jpg
d0045383_21193112.jpg
 この二枚が新出町ー馬留下の陣取り軍団です。
 結構大勢ですが浜は広いですから十分のスペースはあるはずです。
 しかし、七里御浜のように広い場所に出ると例えば6畳の広さがものすごく狭く3畳くらいに感じちゃう人が多いのです。
 その結果、予想される自分の家の来客が必要とする面積の何倍も取ってしまうのです、
 だから、当日になると個人が取っている四角の中がスキスキだったりするのです。
 観光協会が販売する浜席は楽に座れる広さですが個人の取るのの半分くらいですね。
 地元向けの浜を全席有料にするわけにもなかなか行きませんし、難しいところもありますが、このところ何とかスムーズに進行しているようです。
 昔のようにはるか前から取り場所の放題ではいざこざが多発します。
 といっても、いまだに7月末とかに浜にロープを張る人がいます。
 これは浜の整地、浜割の時に撤去されますが余分な人夫も必要なのです。
 多分地元の人だと思うのですが、学習しないんですね。



by je2luz | 2018-08-13 04:11 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27050865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ゲート開放指示は部署不明       緊急 花火なら住民の安全は無視... >>