LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 31日

そう言えば…

 テレビを見ていると夏休みと言うこともあるのか、レジャー施設のCMが多いですね。
 海水浴場が近年苦戦しているという中で流れるプール、スライダーのあるプール、波のあるプール……企業が介入するやつはCM合戦ですね。
 そして、田舎の水族館は苦戦しているようですが、必死の抵抗らしくCMから番組とのタイアップで頑張っていますね。
 紀伊半島でも白浜アドベンチャーワールド、太地、鳥羽、伊勢???
 井田のウミガメ公園もそれに入るのかな?
 元祖の胎児のイルカショーも維持できなくてイルカやオルカの貸し出しや販売で食いつないでいるんだとか…
 そんなの見ていてふと思い出しました。
 熊野市にも以前にはあったんです。
 「淡水魚水族館」が、鬼が城にありました。
 呼び物は「ウーパー・ルーパー」でしたね。
 ウーパー・ルーパーは一過性の人気でしたね。
 メキシコ・サンショウウオてえのだそうです。
 あの大きな「アロワナ」なんてのも居ましたね。
 でも、なんとも地味な水族館でした。
 大又川には「サンショウウオ」もいたはずですが…
 最後は水槽も入札で処分しましたね。
 そのあとにしばらく物産展示場所になっていました。
 那智黒販売組合?みたいなのでした。
d0045383_20491662.jpg
 水族館も海のそばになくても「池袋サンシャイン」なんてビルの中でもやれちゃいますからね。
 昭和期に全国で開設された水族館で生き残ったのってあまりないのでしょうね。



by je2luz | 2018-07-31 04:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27017383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1日松原・竜宮 4日紀和火祭り...      マル花マーク >>