人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 27日

台風の進路

 日本はその位置関係もあり、「台風」が春の終わりから秋の終わりまで、発生の旅になにがしかの影響を受けます。
 台風の発生する場所も季節によって変わることが多いですね。
 最初のうちはフィリピン近辺で発生し、フィリピンを横切って南シナ海や台湾-中国大陸に向かうものが多いです。
 夏になってくると発生場所も広がり、小笠原から場合によっては日付変更線の向こうだったりします。
 この夏台風ははるか沖合で左へ左へと進んだり、行き場所がわからなくて右に戻ったり左に行ったり。止まっちゃったりする「迷走台風」になることもあります。
 この時期にフィリピン周辺に発生すると東シナ海から朝鮮半島や対馬海峡を通って日本海へ…
 秋が近づくと、沖縄辺りで弓なりに向きを変えて九州や四国・紀伊半島へ…
 こんな風なパターンが多かったのですが、近年は全く慣例を無視したやつが多くなりました。
 その結果、「台風銀座」と言われた四国から紀伊半島を直撃する回数が減ったように思います。
 
d0045383_21062999.jpg
 これは台風12号の進路予想図です。
 こんなとんでもないコースを通るような夏台風は見たことありません。
 近年、台風が北海道を襲ったり常識では考えられないことが多いのですが、この12号も空恐ろしいコースを走っています。
 海水温がもう少し高くてもう少し発達したら???

 太陽の黒点が周期がくるっておとなしくなって本当なら地球が冷えるはずなのに、猛暑が世界を襲っています。
 太陽が活発になったらさらに地球は暑くなります。
 恐ろしいことです。
 ハルマゲドンとかではなく天罰が当たろうとしているのでしょうか?



by je2luz | 2018-07-27 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/27010089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 天体ショー 月食と火星大接近      天然水??? >>