LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 15日

高野山金剛峰寺 甲山神呪寺

 久しぶりに高野山に行くことになったので、私というにとっては高野山とセットで浮かんでくるもう一つのお寺についても書こうかなと思います。
 聖人弘法大師のと人間空海を考えさせるものでもあります。
 私は典型的な世俗の人間ですから弘法大師にはあまり親しみを持っていませんでした。
 西宮の「神呪寺」さんへひょんなことでお参りに行き、そこで、それ以前、巷で聞いてきた弘法大師とは違う人間空海を垣間見てから親しみを持ちましたね。
 「聖人弘法大師」も「人間空海」もともに伝説の人で実態は分かりませんけどね。
 
 「眞名井御前」と言うお方がキーワードになります。
 このお方は淳和天皇の次妃であられたそうです。
 「眞名井御前」は州消されて空海さんから「如意尼」と言う名前をいただいたとか…
 西宮甲山にある「神呪寺」は眞名井御前と空海ゆかりのお寺です。
 天下一の高僧と天皇の次妃…
 詳しいことはお調べいただけばいっぱい出てきますが、空海さんが最後の炎を燃やしたであろうことが私には素晴らしいことだと思えるのです。
 私などはそっちばっかりが先に立つ人間ですけどね。

 空海さんが高野山で入滅された後を追うように如意尼さんもあの世に旅立たれたとか…
 立場から言えば許されないことかもしれませんが、そこまで信じあい、愛し合えたって素晴らしいですね。
 このブログがアップされて何時間かで、土の壁を挟んで空海さんとお会いします。
 以前、明け方に一人っきりで午前に座ってきましたが、「帰れ」とは言われませんでした。
 奥の院の聖域ですから写真など撮っていません。
 今回の取りませんが、ちゃんと歩けるかどうかが心配です。
d0045383_15120930.jpeg
 神呪寺の鐘楼から市街地を望むと、はるか海の向こうに高野のお山が見えます。

 神呪寺は「かんのうじ」と読みます。
 「神呪寺」「JE2LUZ」で検索すると2005年とかの私のブログが出てきます。
 その頃も書きたい放題書いていますね。



by je2luz | 2018-07-15 04:20 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26984136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 高野山と丹生都比売神社      災害時のゴミ >>