人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 16日

熊野の旅 三重県は熊野古道をどうする?

 新年度予算の審議の時期になりました。
 役所と言うところは予算が付いていない事はしない、出来ないところです。予算書に最低単位の1000円が載るということはある意味で大変なことです。特になかった項目に予算が付くと後は蟻の一穴式で拡大の一途をたどる可能性もあります。逆に縮小廃止なると復活もままならないのが役所体質です。
 膨大な予算書を見ることも出来ないのですが、県議会に上程すると同時に知事からの概略説明がマスコミにもされて、目玉予算が新聞にも載ります。当然、もめそうなものは伏せられますが・・・
 熊野古道を世界遺産に申請する準備期間から指定された時には、知事の観光行政の重点項目に毎年『熊野古道』が入っていました。そろそろ、これにも飽きてきた頃ですし、一寸前に書いた尾鷲の施設のようにどう見ても便乗事業で県民の納得を得られないような物を作ろうと言うことでは声高に発表しにくいこともあります。どっちにしても、今年の観光予算の目玉には『ポスターの作成』があります。例のJRの駅などに張られている立派な観光ポスターです。全国の観光地が競って作成して葉って回りますが、あれって効果があるのでしょうかね。皆がやるのでないと忘れられるのでしょうが、あったからってそれで観光客が増加するのでしょうかね。初期にはインパクトがあったのですがね。皆さんが普段使う駅に張ってある観光ポスターの地名を覚えていますか?
 おそらく初夏の頃から主要駅に『三重県』の観光ポスターが貼られると思いますから見てやってください。割りと予算が控え目で雑誌などを含めたキャンペーン、『観光みえデスティネーション対策事業』全体で1800万円だそうです。なんとも分かったような分からないようなネーミングですね。役所の好きな和製英語ですね。
 葬送、伊勢志摩への修学旅行誘致の運動もするそうです。そちらはなんと1億8600万円もかけるそうです。式年遷宮には憲法上協力できないのでこうした形になるのでしょうね。しかし、今時、全国の学校に働きかけて『お伊勢さんにお参りください』などと言って修学旅行が来るとは思えないのですが・・・
 このように三重県も少しずれていても観光にも力を入れるそうですから、目に触れたら協力してやってください。
d0045383_1122375.jpg


by je2luz | 2006-02-16 11:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2698328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野古道・七里御浜と写真      熊野の旅 七里御浜の砂利たち >>