人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 08日

義理ですか?

 ここ数日の豪雨から縁がなかった熊野市ですが、夕方くらいから本格的な雨が降ってきました。
 今はやりの「線状降水帯」がずるずると右下にずれてきちゃいました。
 あまりにも外れて大又川も井戸川も水位が低かったですからね。
 今晩はまともに降る気みたいです。
 まあ、少し降っておいてくれた方が土用の渇水が軽くて済むかと思います。
 
 降らないと言っても上天気が少ないので野菜は都庁気味ですね。
 きれいな晴れが続かないとトマトも味が出ません。
 カボチャ類もうどん粉病が出るかもです。
 稲は「イモチ」ですね。
 今度の豪雨が襲ったのは穀倉地帯ではないので話題にならないのでしょうか?
 
 今回の豪雨の被災地の航空写真見ていると。先年の広島安佐北区と同じような狭い谷間の出口に宅地がある街って多いんですね。
 まともに谷も残さないで…
 気象条件が変わって「瀬戸内気候」なんてどこかへ行き、亜熱帯並みの豪雨が降るようになるとひとたまりも無いでしょう。
 それと、平らなところの堤防が意外と弱いですね。
 関東でも東北でも北海道でも…
 そして中国地方まで…
 何十年もばれなかった、構造欠陥とか手抜きとか…
 この辺の七里御浜海岸堤防を見ても、古い部分ではおかしなところがありますからね。
 何十年に一回とか遭遇する大波ですから、意外と手抜きもばれないでしょう。
 その頃には発注者の責任者もいないし、受注者なんてわからなくなっていますよね。
 製造者責任を50年とか100年にしないと安心できませんが、伸ばしても一緒かな?

 土木工事=談合=手抜き=癒着… なんてことは言いませんけどね。
d0045383_21582960.jpg



by je2luz | 2018-07-08 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26971442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< マグロ・サンマ・・・      月例 広報くまの 7月号より >>