LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 29日

梅雨明け

 梅雨明けの気配です。
 その分、あちこちで豪雨が降っていますね。
 雨も気温も年間通すとほぼ平均値になる様ですから、今年のように空梅雨気味だと揺り返しで豪雨になることが多いようです。
 夏が暑ければ冬は寒い・・・
 などと言いながら、少しずつ温暖化は進んでいるようです。
 海水温はじわりと上がってきているし・・・
 局地的な豪雨がある代わり地域によっては乾燥化も・・・
 どう考えても私が子供だった頃よりこの辺の冬は暖かくなって降雪が減って居ます。
 北陸などでは温暖化が進む過程で「どか雪」は増えるのだとか・・・
 海からの湿気の補充が多くなるので寒さが減っても、降雪が増えるというのも理解出来ますね。
 ただ、ここまで南に下るとそれが起きていないようです。
d0045383_20061428.jpg
 VW UP!の横にあるのは「小輪ひまわり」です。
 大輪ロシアヒマワリなどは2mから3mまで伸びますが小さいのはこの辺でしょうね。
 これが咲けば、「夏」ですね。
 とは言うものの、「ひまわり」と言うやつは結構いい加減な花で、春に蒔くから夏に咲くけど、夏の終わりに蒔けばクリスマスの頃に咲くんです。
 それも、露地で巣立って咲きます。
 「ヒマワリは夏の花」という概念は私たちの思い込みなんですね。

 この時期は「アジサイの盛り」ですよね。
 でも、アジサイを同じ高さを保って咲かせるのなら、そろそろ剪定しないといけません。
 今切れば切ったそばに花芽を付けますが7月末まで放置すると勝手に付けた花芽を探して切り戻すことになり樹形が保ちにくくなるのです。
 と言いつつ・・・
 放任主義の私は真面目にやらないので時々アジサイがとんでもなく大きくなっちゃいます。
 「解っちゃ居るけど・・・」
 不精者には綺麗な花壇は無理ですね。
 それと、「咲いているうちは可哀想だから・・・」などと、花に情けをかけていたら花壇が片づきません。
 国道42号線の花壇のように情け容赦なく引っこ抜いて次を植えないと・・・
 「お富さん」でも「掛けちゃならない他人の花に、情け掛けたが身の定め・・・」
 ???
 ちょっと違ったかな?



by je2luz | 2018-06-29 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26951003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 夏です 夏祭り 新出町稲荷      熊野の旅 「羅帝」ってご存じですか? >>