人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 23日

今昔 バナナ 卵 

 本当に久しぶりにバナナを買いました。
 テレビなどではものすごく甘いバナナが出回っていると聞いてはいましたが口にしたことなかったのです。
 まともな食事が無理だと思ったので、即戦力にバナナを買い、どうせなら甘いやつを…
 これが一番なのかどうかは知りませんが、「甘い」!!!
 口の中がすっきりしないほど甘いんですね。
 何しろ、「台湾バナナ」と「フィリピンバナナ」くらいしか区別しない世代ですからね。
 ???
 お年寄りでもバナナいっぱい買ってますね。
 売り場面積がいつも広いです。
 私が取り残されているのでしょう。
d0045383_21160041.jpg
 バナナと言えば「たたき売り」
 下関から始まったのだそうです。
 昔は縁日や祭りには怪しげなあんちゃん・おっちゃんがねじり鉢巻き・腹巻・ダボシャツ姿・ステテコでやってました。
 最後は…「持ってけ! 泥棒!」でしたね。
 たたき売りするほど安いのではなく、高級なのでちょっとでも安いと飛びついたのでしょう。
 病気見舞いの定番も「バナナ」だったのですから…
 最後に見たのは飛鳥神社の祭りかな

 病気見舞いと言えば「卵」も定番でしたね。
 今のようなバータリー式とやらの生産方式が始まるまでは、今でいう「地鶏卵」みたいなもので高かったですからね。
 饅頭の箱にもみ殻を入れて卵を並べ…
 立派な病気見舞いでした。
 今どき卵を10個やそこいら持っていったら高いやつ買ってもお見舞い品にはならないでしょうし、アレルギーなんて言い出す向きまでありますね。
 まあ、「物価の優等生」なのですから食の方での地位は保っていますけど。

 もう一つ…
 めっきり見なくなったのが「果物の缶詰」ですね。
 これも盛籠に詰め合わせて病気見舞いに使われていましたね。
 嵩のほとんどがセロハンを切ったやつ!
 やっぱり高かったのでしょうね。
 最近は食べたことないです。
 不思議なことにお店で出てくる「そうめん」なんかにミカンの缶詰が…



by je2luz | 2018-06-23 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26932184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 隠れキリシタン      暴飲暴食? >>