LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 15日

民法

 「民法」が改正されたようです。
 「憲法」が国のあり方を定めていますが、「民法」は私たちの生活のルールの大元を定め、「刑法」がしてはいけないことを定めていますね。
 「刑法」ってあまり厄介になることは無いですが、「民法」は随分色んな事で厄介になります。
 今回は少し前の「公職選挙法」が改正され、参政権が20才から18才に引き下げられた動きと連動したものです。
 「成人」になるのが20才から18才に引き下げられるのが大きな変更ですね。
 「成人」なんてあまり気にしないままで大人になってきたのですが、法律的には未成年とは随分違う物です。
 権利も義務もうんと増えますからね。
 日本の「成人」は1876年(明治9年)に20才と定められ、146年間そのままだったのだそうです。
 「成人」というものの定義が変わると22もの法律が改正されることになったそうです。
 色んな物が引き下げられた反面、結婚可能な年令が「男女ともに18才」の揃えられたようです。
 だから、これは施行されると女の子も18才まで結婚出来なくなります。
 意外と影響があるのかも知れません。
 酒やタバコは引き下げられず20才のままだそうです。

 これに関連して「少年法」の適用年令の問題も議論されていますが、決まらないようです。
 こうしたものには特異なケースが次々出てくるので難しいですが、社会通念とのズレもありますね。
 法律って運用、適用の仕方で怖いものになりますしね。
 何しろ、憲法でさえ「内閣の解釈」で中身が変えられちゃうくらいですからね。
d0045383_22353549.jpg


[PR]

by je2luz | 2018-06-15 04:20 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26898337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野大花火大会 色々と・・・      復活しちゃうの? >>