LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 12日

伝統?

 日本の田舎にはいろんな行事がありました。
 特に田舎のほとんどが農村だったので農事に関連したものが多かったようです。
 普通に行われる「正月」「小正月」なんてのに加えて、折々の農事に祈りを込めた行事を加えていったようです。
 この辺は大きな穀倉地帯ではなく山間部の小さな田畑を耕してきたところですからそんなに大きなお祭りもないですね。
 何しろ「北山一機」などと言った「百姓一揆」が軟調や戦の落人より歴史に多く出てくるくらいですからね。
 私は田んぼもある食管法で言えば「生産者」の家で育ちましたし、周りもほとんど農家でした。
 育った時期が戦後になりますから、どんどん生活が変わっていった時代でした。
 「新生活運動」なんてのが頭を持ち上げてきて、「婦人会」を中心に「古い習慣は悪い」と
 「文化大革命」ほどは過激ではなかったですけどね。
 それでも、いろんなことを「迷信」という言葉で否定排斥するのを子供のころに見聞きしました。 

 私が子供のころ、飛鳥町小坂では「早苗饗・さなぶり」と言う、田植えが終わった時の行事に合わせて「運動会」がありました。
 秋には「いのこ・亥の子」という行事でぺったんこの餅に塩味のあんこをまぶしたものを作りました。
 でも小正月に各地で行われたという「鳥追い」とか「モグラ追い」に話か聞きませんでしたね。
 そして。「虫追い」については「あったんだよ」とは聞きましたが、目にしていません。
 子供たちがたいまつに火をつけて田の畔を回って、「うんか」などの害虫を日に誘って焼き殺すというものです。
 紀和町丸山千枚田では、この「虫追い」が復活しています。
 ただ。その実態が少しばかり???かな?と思います。
 写真をご覧になった方もおられりと思いますが、今流の灯りが千枚田一面にともされ、花火も…
 農事行事ではなく「イベント」ですね。
 千枚田を文化財・遺産として守ってゆくこととずれが生じている気もします。
 身内が楽しむにはコスト(公金)が…
 と思うのは私だけでしょうか?
d0045383_19370672.jpg


[PR]

by je2luz | 2018-06-12 04:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26889285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 史上初 ねえ・・・      イリューシン62-ジャンボ >>