LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 15日

やっぱり甘夏が良い!

 昭和生まれの私には晩柑類の中では「甘夏」が良いです。
 昔の「夏みかん」はもの凄く酸っぱいので「重曹」を掛けて中和し砂糖を掛けて食べましたが、「甘夏」はそこまで酸っぱくないし、袋も大きいし、何しろ安いです。
 どでかいのが一個30円とか50円とかですからね。
 「はるみ」「せとか」などは確かに甘いですが、手がベトベトになりますね。
 そもそも、晩柑類は温州に比べ皮を剥くのもその後の手のべとつきもあまりよろしくないので売れにくいのです。
 ネーブルなんて中の袋も柔らかで美味しいのもありましたが、包丁が無いと皮が剥けないのでやっぱり売れにくかったようです。
d0045383_21203633.jpg
 昔、この辺に「春光柑・しゅんこうかん」というミカンがありました。
 薄緑色で夏みかんより小さくて少し平でした。
 中の袋が小さくて面倒でしたが、酸っぱくなく甘くも無い・・・
 独特の味と香りでしたが消えていったようですね。
 50代だともう知らないかも・・・
 青空市場などで探すのですが見掛けません。
 どこか作って居る家は無いのでしょうか?
 作ってもそんなに売れるとも思えませんけどねえ・・・

 NETで検索したらでてきました。
 でも、記事が古いです。
 統計では2005年くらいに復活を図ったきらいがありますがどうなのでしょう?
 郷愁で「もう一度食べたい」と思う人はこの辺には居るでしょうけど・・・
 その中の一人が私です。

春光柑の栽培面積 収穫量 出荷量

198519901995200020052010050100150200250
春光柑作付面積春光柑収穫量春光柑出荷量

出典:農林水産省統計

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


[PR]

by je2luz | 2018-05-15 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26783379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ツール ド KUMANO 2018      気にしていますか? >>