LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 03日

知らない間にアヤメが消えて居る

 若い頃は花壇を熱心にやっていました。
 今なら「オープンガーデン」とやらに登録したでしょうね。
 色んな花の種と苗を取り寄せて栽培していましたが、根が無精なので球根・宿根のもの以外はどんどん無くなって行きました。
 今の庭に残って居るのは、ここの季候と土壌に合っているものなのでしょう。
 この季節だと「あやめ」が咲く頃です。
 この庭では「ジャーマンアイリス」を作って居ました。
 三種ぐらいあったのですが、消えちゃいました。
 水仙でも消えたのがありますからね。
 中には取り寄せて一回咲いただけで根こそぎ持って行かれたのもあります。
 せめて三年待ってくれれば株分け出来るのに…
 「花泥棒は泥棒じゃ無い」なんて嘘ですよね。
d0045383_15545620.jpg
 この子は「紫蘭」というもので日本のものでしょう。
 「蘭」が付くだけに結構妖艶な花です。
 でももの凄く丈夫で雑草にも負けません。
 虫も食わないし…
 この近くに「いちご」も居たのですが、居た頃にはナメクジに先を越されるし…
 知らない間に消えちゃいました。



by je2luz | 2018-05-03 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26740655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< デジタル写真 現像      美しいけど… 本当は困りものですね。 >>