LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 28日

公示地価 2018

 今年の「公示地価」が発表されました。
 正常な取引の目安になると言われるのが、この「公示地価」です。
 地価には「路線価」というのもあり、特定の土地では無く「沿線の土地の値段の目安」で固定資産税や相続税の算出の基準だそうです。
 それに。市井の「実勢価格」というのもありますね。

 まあ、「公示地価」は土地取引の公正な目安だそうです。
 そして、ニュースでは「上昇傾向」などと言っていますが、熊野などの田舎では上がる要因がありません。
 昔から言う「公共の買収」はこの限りにあらずなんでしょうかね。
d0045383_15503441.jpg
 これは平方メートル単価ですから坪にすると3.3倍ですね。
 木本で10万円、一番高い駅前丸山町で16万8千円です。
 こうしたものの参考には実際の取引も入るのかとも思いますが、駅前の坪30万円はどうなったのでしょう?
 わからんですね。



by je2luz | 2018-03-28 15:56 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26614360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< さくら さくら      熊野の旅 神川「桜覧会」 >>