人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 21日

幕を閉じます 木本保育所

 1956年に開設され、写真の施設は1970年に出来たものだと思います。
 木本高校の川向かい、あまり良い場所では無かったのですが、大勢の子供が通っていました。
 定員は150名だったようです。
 私の子供達もみんなここに通いました。
 狭い運動場に小さなプール・・・
d0045383_20115900.jpg
 すぐ上、カメラは旧評議道からです。
 少し登るとすぐ山に入ります。
 この校舎で50年近くなりますね。
 2000人あまりの子供が育っていったのかな?

 ここ「木本保育所」の幕が下ります。
 今度は木本小学校の中に、幼稚園と一緒になった「認定こども園・木本保育所」に変わります。
 幼保合同と言えば格好良いのですが、木本の幼児が減りすぎたのと、この場所が西郷川のそばで大水や津波に危険だと言うこともあっての統合移転です。
 木本小学校も児童巣が減って居るし、間借りしていた特別養護学校の「黒潮学園」が金山に引っ越して教室が空いたこともあったのです。
 井戸の方は保育所が民間になっているので統合は無かったのです。
 私はここの卒業ではありませんが、多くの人が淋しく感じる出来事かと思います。
 


by je2luz | 2018-03-21 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26587270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 高校存続と現実の数字      熊野の旅 ようやく繋がりました... >>