LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 20日

熊野の旅 ようやく繋がりました 有馬堤防

 おそらく、今の有馬堤防に着手することになったのは伊勢湾台風の後だと思います。延々と続けて工事してきた「有馬堤防」が今年度で一応繋がって無堤防区間は無くなります。
 口有馬辺りは波返しやヘリの立ち上げのない所もありますし、ゲートの上の橋の部分には手すりも無いし・・・
 それでも、有馬の人が長年望んでいた堤防が獅子岩から志原尻まで繋がります。
d0045383_22122940.jpg
 これが釜の平辺り、現在の工事区間です。
 この堤防はご覧の通りコンクリートも前壁と後壁の間に土を詰め込んだ工法です。
 前の壁は波返しの付いた分厚いものですが後はこの様に薄いのです。
 ここは土ですが、古い区間には砂利の所もあるはずです。
 木本の旧堤防と西郷川の導流堤は中が砂利でした。
 老朽化と振動で中の砂利が沈下して空洞化して導流堤は崩落しました。
 今の木本新堤防の後側には昔の石積み堤防をそのままコンクリートで巻き込んであります。
 写真の堤防より重量もあるし丈夫なはずです。

 有馬堤防は背後に有馬松原(雑木林)があり、国道を挟んで民家があるので高波がこの堤防を越えて襲うことはまず無いでしょう。
 津波も木本ー有馬堤防はほぼ海抜15m程なので通常では大丈夫のはずです。
 津波の時も、波が越えるのでは無く、地盤が砂利なので下にしみ込んだ海水がじわりと噴き出すという予想もされています。
 その水位が40cm程度とか言う予想もありますが、押し寄せる波では無いと言う事です。
 と言うことなので、取り敢えずは志原尻の川の近くの低地以外はこれで守られることになります。
 それがあるので「志原尻津浪避難タワー」を急いだのです。

 有馬堤防が遅くなった経緯もあるのですが何とかここまで来ました。
 羽市木ー口有馬は再考の必要もありますがやさしくな無さそうです。



by je2luz | 2018-03-20 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26585319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 幕を閉じます 木本保育所      熊野の旅 昔は大賑わいだったそうです >>