LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 19日

熊野の旅 昔は大賑わいだったそうです

 昨日お参りした紀和町楊枝の薬師様そこそこの人出でした。
 駐車場も満杯なので手前の県道の路肩にも駐車していましたが、お参りを済ませた人がどんどん帰るのでごった返すようなことにはなりません。
d0045383_20283923.jpg
 こんな小さなお堂ですが「後白河上皇の頭痛をお治しした薬師様」なので、昔からこのお祭りには沢山の人がお参りしてきたようです。
 受付で記帳してお願いするとお堂の中で祈祷して貰えるらしいです。
 千年も前からの言い伝えですからね。
d0045383_20342495.jpg
 前の広場にはたこ焼き・鯛焼き・甘納豆などの屋台が出ています。
 昔はもっとお店も多かったし子供も沢山居たそうです。
 今は中高年の方ばかりですね。
 「頭に効く」と言っても大内山の「頭の宮」は「受験」なんて方に結びついて、遠くからも受験生の御利益信心がお参りするそうですが、こちらは「頭痛平癒」なので広がりが少ないようです。
 昨日は語り部さんが団体さんを案内してこられていました。
 楊枝は三十三間堂とも縁が在るそうですね。
 菅原道真さんとも縁が在ればよかったのに・・・

 このお堂を持って行くのは基本的には楊枝の方々のようですが、過疎と高齢化、それに集落全部が檀家という訳でも無いそうですから大変ですね。
 神道の方もいらっしゃるようです。
 十津川ほどでは無いでしょうけど・・・
 地元の方とお話ししていても子供さんやお孫さんが地元に居ないので集落自体の先が見えて淋しい話になります。
 それでも、何とか日常生活を維持出来るだけのことは模索しないといけませんね。



by je2luz | 2018-03-19 04:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26582939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 ようやく繋がりました...      杭が生えていた >>