LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 05日

清流40号より 地域と行事のこれから

 清流40号の中の短い記事です。
 どんどん増えるイベントの中に埋没して消えて行く地域の行事とか…

地域と行事のこれから
 地域のは古くから伝わる祭りのような行事や桜祭りのようにあとから出来たイベントがあります。
 近年、高齢化と過疎が進んでそうしたものがどんどん消えそうになっています。行事を維持する主催者・世話人の負担が大きくなってきたのです。
行事自体に大きな意味がないように見えても、地域にとって力を合わせるとか楽しみとか言う部分で大きな役割を果たしていることも多いのです。
 無くしてしまってから「寂しい」と思っても復活は難しいです。
行政って新しいイベントを作るのには熱心ですが、伝統行事には意外と冷たいものです。それに、「祭り」などは「宗教行事」ということで憲法上の懸念もあるのでなおさらです。
 だからと言って諦めては何もかも消え、集落まで消えてしまいます。
手はあるはずです。
「町協」なんてもあるし「伝統芸能保護」なんてのから色々見つけるとか作るとかの道を探しましょう。
 今やらなければいつやるんですか?
 答えは皆さんが握っています。
d0045383_20482062.jpg


by je2luz | 2018-03-05 04:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26536741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 清流40号より 産地・名物・特産品      二本の橋 >>