人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 03日

久しぶりの尾鷲

久々に尾鷲に行ってきました。
 確定申告の提出です。
 国税局の書式で完成させてあるし、マイナンバー通知書のコピーなども添付してあるし、受付でチェックしてもらうだけで終わりました。
 申告の中間時期という事なのか11時に着いたのに待っている人が居ませんでした。
 尾鷲税務署管内では確定申告をする人は減ってきているのでしょうね。
 北牟婁・尾鷲・熊野・南牟婁ですから、人口もずいぶん減ったでしょうし、基幹産業の林業・漁業・石材業なども落ち込んでいるでしょうからね。

 今年度中に中部電力三田火力発電所の撤退が決まりましたから尾鷲も又一気に衰退するでしょう。
 今ではこの発電所も殆ど発電していないようですから維持できないのでしょう。
 尾鷲に入るとどこからでも見えた「集合煙突」はどうするのでしょう?
 バイオ発電をやるにしてもおそらく規格は合わないでしょうね。
d0045383_20181980.jpg
 火力発電所の煙突なんてありがたいものではありませんが、消えるという事は大変なことですね。
 新宮からは本州製紙、巴川製紙が消えました。
 鵜殿の紀州製紙はまだ残っていますが、紀伊半島から工業は消えますね。
 とうの昔に石原産業などの鉱業も消えています。
 「公害」がなくなっても「鉱害」はずっと残りそうですけどね。
 この「鉱害」は入鹿鉱山からいまだに出てくる地下水の鉱毒で、毎年、対策費をつぎ込んでいます。
 今のところ抜本対策はないようです。
 銅山ですから重金属だらけですからにじみ出る水は有毒です。
 紀和から那智にかけては古い鉱山があるくらいですから紀州御影の山からにじみ出る水とは違うところがあるようです。



by je2luz | 2018-03-03 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26532422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 二本の橋      清流40号より >>