人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 23日

春が近いようです

 相変わらす寒めですが、天気予報や天気図、気圧配置を見ると春らしくなってきましたね。
 二日三日で低気圧と高気圧が交代で流れてゆきます。
 「一雨ごとに温かくなる」と言いますが、まだ、雲が来ても雨にならない時もあるようです。
 ここのように南の方だと、これからは雪がちらつくのではなく、雨がぱらつくようになるのでしょうね。

 地面が湿れば最初の方にフキノトウ・土筆が顔を出すでしょう。
 春らしい食材ですが私はあまり好きではないです。
 フキノトウは天ぷらにすれば簡単ですが、メインになってくれるものでもないです。
 土筆っておかずには???
 ちょこっと作ってちょっと一杯の妻に…という風流さはないです。
 どっさり採ってきて辛めに仕上げればご飯のお供にはなるけど今はご飯食べていないし…
 ???
 「タラの芽」こいつも天ぷらが楽ですね。
 タラの芽は全部欠いちゃったら駄目なんだそうですね。
 何個かの芽を残して次の年に備えさせるんだそうです。
d0045383_22153884.jpg
 春になると昔から野草をめでたようでsづ。
 今のように色んな野菜があるでなし、南の方から運んでゆくわけにも行かないので食べられる野草が出るのを待ちかねたのでしょうね。
 
 きみがため 春の野に出て 若菜摘む 我が衣でに 雪は降りつつ
 いしばしる たるみの上の 早蕨の もえいずるはるに なりにけるかも
 一杯あるってことはうんと嬉しかったのでしょう。



by je2luz | 2018-02-23 04:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/26509829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 土日連続で・・・      最終回 小船梅まつり >>